シナプス技術者ブログ

シナプスの技術者公式ブログ。インターネットで、鹿児島の毎日を笑顔にします。

ハードディスクを廃棄しよう!

技術部ネットワーク課の上曽山です。
故障HDDの廃棄を行ったので、シナプスで行っている作業手順を紹介します。
と言っても特別な事はしていません。分解して棄てるだけです。

HDDはshredコマンドを使ってデータを削除していますが、その状態からでも復元される可能性があるため、物理的に破壊するようにしています。

ちなみに私は、「やり過ぎ」と言われる方です。

まずは素材を準備

本日の素材はこちら、Seagate製500GBのHDDになります。
まず最初にラベルをはがします。何故なら… f:id:kanimisoya:20191213200920j:plain

赤丸で囲った銀色のシールの下にもう1個ネジが隠れているのです。
シールをはがした状態がこちら。 f:id:kanimisoya:20191213201036j:plain

ネジはすべてトルクスねじで留められているので専用のドライバーで外していきます。

ja.wikipedia.org

で、フタを外すとこうなります。
天井が映りこんでいる部分が プラッタというデータを記録する部品になります。
分解したのは、このプラッタを物理的に壊すためです。 f:id:kanimisoya:20191213201320j:plain

対象部位の摘出

プラッタ中央のネジを外す前に邪魔なヘッダを動かします。
f:id:kanimisoya:20191213203150j:plain

まずはヘッダの根元に付いている磁石を外します。
次に可動域を制限しているアームをズラして、プラッタに干渉しない位置までヘッダを動かします。 f:id:kanimisoya:20191213203827j:plain

後はネジを外すだけでプラッタが取り外せます。 f:id:kanimisoya:20191213203948j:plain

再起不能にするために

というわけで、取り外したプラッタがこちらになります。
今回のHDDは3枚装着されていました。 f:id:kanimisoya:20191213205530j:plain

続いてドライバなどで表面にキズをつけます。大抵はこの状態で廃棄しますが、私はもう少し手を加えます。 f:id:kanimisoya:20191213205808j:plain

何をするかというと、両手に工具を持って、プラッタを力の限り折り曲げるのです。 f:id:kanimisoya:20191213205944j:plain

「え、そこまでするの?」と、よく言われますが、ストレス解消のため 万が一データが復元されると困るので徹底的に破壊するようにしています。
最終的にこの状態で産業廃棄物として廃棄しています。 f:id:kanimisoya:20191213210353j:plain

最後に

正直、今回紹介した廃棄方法はあまり実用的ではありません。
物理的に破壊したいなら、ケースごとドリルで穴を開けるのが効率的かつ確実です。
こういう方法を続けているのは、弊社コーポレートサイトの座談会でもお話しした通り(PR)、単に分解するのが好きだからですね。